サービスご利用規約

合同会社ITROOM(以下「当社」という)が提供する出張撮影サービス『メモリーズフォト(以下「本サービス」という)』のお申込の前に本利用規約をご確認いただきますようお願いします。当社は、本サービビスの提供に関して、当社と本サービスにアクセスする利用者、または申込者(以下「利用者」)との間に適用される利用規約(以下「本規約」という)を定めます。当サービスへのお申込は、本規約に同意いただいたものとみなします。なお、当社が必要と判断した場合には、本規約の内容を変更することが出来る事とします。利用者が効力発生日後に本サービスを利用した場合には、最新の本規約に同意したものとみなされます。

第1条(目的)
 申込者及び予約者(以下「利用者」)は、本サービスを合同会社ITROOM(以下「当社」という)に委託し、当社はこれを受託するものとします。

第2条(本サービスの内容)
1 当社は、次に定めるサービスを提供します。なお、本サービスの詳細は当社が別途指定するものとします。
(1) 概要
ア 出張撮影業務
イ 前項に付随する業務
撮影したデジタルデータの納品等
(2) サービス提供範囲(撮影地)
日本国内
※ただし、当社が撮影地として不適切と考える場合は提供できない可能性
はあります。
2 当社は、利用者への事前の通知、承諾を要さず、及びユーザーへの何らの責任を負うことなく、本サービスの内容を変更(撮影料金等の変更を含む)、休止、廃止することができます。
3 当社は、当社が必要と判断した場合、利用者への事前の通知、承諾を要さず、及び利用者への何らの責任を負うことなく、利用者が提供した情報を削除、変更することができます。
4 利用者は、本サービスを利用するにあたり発生する携帯電話を含む情報通信機器等によるメールの送受信及びサイト閲覧その他に必要な通信費用の一切につき、利用者自身がこれを負担します。さらに、本規約の定めに従い、本サービスにあたって自ら発生する諸費用を自ら負担するものとします。
5 本サービス上の素材(画像素材、テキスト素材を含む)はすべて、当社又は当該素材の権利者に帰属するものであり、著作権法を含む知的財産権に関する法の下、保護されています。適切な許諾を取得することなく、これらを無断で使用することは、法律の下、禁じられています。なお、無断で使用した際に発生する一切の損害について当社は責任を負わない事とします。

第3条(申込)
1 本サービスの利用には事前に申込が必要となり、本サービスが指定する次の 情報を提供する必要があるものとします。
(1) 撮影日時
(2) 申込者の名前
(3) 申込者の住所
(4) 申込者の電話番号
(5) 申込者の電子メールアドレス
(6) 撮影場所名称
(7) 撮影場所住所
(8) 撮影場所の利用許諾
(9) 撮影内容
2 利用者は、前項にある情報の他に当社が必要とする情報の提供を行うものとする。

第4条(申込プラン、及び料金)
1 本サービスは、撮影料金体系を明示し利用者にて選定する事とする。
(1) お試しプラン
当社の定める撮影料金についてSNS割引を受ける事を前提とし、成果物について当社で使用できるものとする。
(2) 通常プラン
当社の定める一般的とするプラン。
2 各プランの撮影料金の他、交通費(駐車場利用料実費を含む)及び諸経費を請求する場合がある。
(1) 交通費
当社所在地より撮影場所までの道のり距離(km)に当社指定の料金を乗算し請求します。また、有料道路を使用する場合には別途請求します。その他、当社の判断において請求料金を決定します。
(2) 諸経費
遠方の場合には宿泊費及び手数料、スタジオ使用料金やイベント参加費等の撮影料金以外に別途費用が必要な時は請求します。

第5条(連絡・通知)
1 当社から利用者に対する連絡、及び通知については電子メール等にて行うものとする。
2 当社と利用者との連絡が途絶えたとき、または虚偽の連絡先にて当サービスの申し込みをした時には当社は本申込を解除できるものとする。

第6条(納品)
1 当社からの成果物の納品は、JPEG形式のデジタルデータとし、当社が指定するクラウドサービスを利用して受領します。
2 当社からの納品は、本サービス利用料金をお支払い頂いた場合に限り、当社が支払い確認を終了した日の翌日より5営業日から7営業日後に納品します。

第7条(支払い)
1 当社は利用者に対し、本業務の対価として申込み時の金額を主要サービである撮影サービス終了後、ご請求します。
2 利用者は、支払額の全額を当社の指定する方法にて一括で支払うものとします。
(1) 決済システムPayPalを利用
クレジットカード、PayPalアカウントによる支払い
(2) 撮影日当時に現金による支払い
3 支払い終了後に成果物を納品の手続きをします。

第8条(キャンセル)
1 利用者は、本サービスをキャンセルする場合、電子メール等による書面にて当社へ連絡することとします。
2 利用者が本サービスの利用をキャンセルする場合には次に定めるキャンセル料金を請求します。
(1) 撮影日の7日前以降にあたる日から2日前にあたる日まではお見積もり料金の30%
(2) 撮影前日はお見積もり料金の70%
(3) 撮影当日はお見積もり料金の100%
3 当社が撮影困難と判断し、撮影を中止する場合のキャンセル料金は発生致しません。
4 当社が撮影困難と判断し、撮影を中止する場合におけるキャンセルについて利用者が損害を被った場合でも当社は一切の責任を負いません。

第9条(再委任)
1 当社は、当社と業務委託契約又はこれに類する契約(以下「再委託契約」という)を締結した第三者(以下これらを「再委任先」という)に、本件業務を必要な範囲で再委託することができ、業務遂行に必要な情報を開示する事ができる。
(1) 本サービスの利用時に取得した本サービスが指定した情報
(2) 再委託する業務の内容及び範囲
(3) その他、再委託先が必要とする情報
2 当社が、再委託先候補に対して再委託する場合、書面をもって再委託契約を締結しなければならない。
3 当社は、再委託先が本契約の各条項を遵守するよう管理監督する。

第10条(構成物の権利)
1 撮影にあたり第三者に権利が帰属する写真・映像等の被写体の各種著作物、商標等の利用許諾が必要となるときは、利用者が権利者からの許諾を取得するものとします。また撮影地も同様とし、利用者が権利者から許諾を取得するものとします。

第11条(権利の帰属)
1 本業務の履行により当社が制作した成果物に関する一切の著作権は、特段の定めのない限り、当社に帰属するものとします。

第12条(サービスの中断・中止)
当社は、ユーザーに事前に告知、通知することなく、本サービスの運営を中断、又は中止することがあります。本サービスの中断又は中止によって、利用者が損害を被った場合でも当社は一切の責任を負いません。
(1) 本サービス用設備等の保守、メンテナンスを定期的に、又は緊急に行う場合
(2) 本サービス用設備の故障等の場合
(3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災、戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議、火災、停電、その他、不慮の事件、事故等の不可抗力により、本サービスの提供が提供できなくなった場合
(4) フォトグラファーの体調等による撮影が困難な場合
(5) その他、運用上、又は技術上本サービスの中断、又は中止が必要と当社が判断した場合

第13条(個人情報の取り扱い)
1 「個人情報」とは、当社が本件業務を遂行するために、利用者が当社に預託した一切の情報のうち、個人の氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができる情報と、これに付随して取り扱われるその他の情報をいう。
2 利用者及び当社は、本件業務の遂行に際して個人情報を取り扱う場合には、それぞれ、個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)及び本契約の定めを遵守して、本件業務の目的の範囲において個人情報を取り扱うものとし、本件業務の目的以外に、これを取り扱ってはならない。
3 利用者及び当社は、個人情報の取り扱いに関わる責任者を選任し、かつ本件業務に関して個人情報を取り扱う者を特定しなければならない。
4 利用者及び当社間における個人情報の記録媒体の引き渡しについては、その場所及び担当者を特定するものとし安全で確実な方法によるものとする。
5 当社は、個人情報の記録を情報システム内で管理する。個人情報の利用には特定された利用者のみが個人情報にアクセスできるように、識別情報(ID、パスワード等)を設定する。
6 当社は、以下の各号のいずれか場合を除くほか、第三者に対して個人情報を提供してはならない。
(1)当該個人が明示的に同意している場合であって、利用者の書面による事前の同意がある場合
(2)当該個人の同意を得ることが困難な場合であって、人の生命、身体又は財産の保護若しくは公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、利用者の書面による事前の同意がある場合
(3)各種法令の規定により提出を求められた場合、及びそれに準ずる公共の利益のために必要がある場合

第14条(契約の解除)
1 当社は、利用者が次の各号のいずれか一つに該当したときには、何らかの通知、催告を要せず、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができる。
(1) 本規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
(2) 重大な過失があった場合
(3) 破産もしくは民事再生の手続の申立てを受け、またはお客様自らがそれら申立てを行うなど、お客様の信用不安が発生したと当社が判断した場合
(4) 反社会的勢力またはその構成員や関係者だと判明した場合

第15条(反社会的勢力の排除)
1 利用者及び当社は、次の各号の事項を確約する。
(1)自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。
(2)自らの役員(取締役、執行役、執行役員、監査役は又はこれらに準ずるものをいう)が反社会的勢力ではないこと。
(3)反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものではないこと。
(4)自ら又は第三者を利用して、この契約に関して次の行為をしないこと。
 ア.相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
 イ.偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
2 利用者及び当社が次のいずれかに該当した場合には、何らの催告を要せずして、この契約を解除することができる。
(1)前項(1)又は(2)の確約に反する表明をしたことが判明した場合
(2)前項(3)の確約に反し契約をしたことが判明した場合
(3)前項(4)の確約に反した行為をした場合

第16条(損害賠償)
 利用者又は当社は、本規約に違反し、相手方に損害を与えた場合には、相手方に対しその損害を賠償しなければならない。なお、当社の故意又は重過失によって利用契約に違反したことにより利用者に損害等が発生した場合は、当該損害等の発生日までに支払われた本サービス利用料金の合計額を上限額として当該損害等を補償するものとします。また、本サービスを利用した成果物により損害が発生した場合には当社は責任を負わないものとする。

第15条(免責事項)
(1)当社は、成果物の品質につき、いかなる保証もしません。
(2)本サービスにおいて、利用者が提供する情報等は、利用者が自らの責任で提供した情報であり、当社は、その正確性又は完全性を保証するものではありません。
(3)定めに従い、成果物を当社で利用する場合における利用者への責任は一切負わないものとします。

第16条(協議事項)
 本契約に定めのない事項、又は本契約に疑義が生じた場合は、法令及び商習慣によるほか、信義誠実の精神に基づき協議し、円満に解決するよう努めなければならない。

第17条(管轄)
 第16条に基づく協議においても解決しない本契約に関する係る一切の紛争については、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所(支部を含む)を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

以上

2020年10月01日 施行